Windows10でフロッピーディスクは使えるか?(2019年版)

 そろそろ2019年も終わろうというこの時期に「2019年版」というのも微妙ですが、19H2ことNovember 2019 Updateのリリースが11月だったうえに、時間が取れなかったのでこんなタイミングになってしまいました(苦笑)。
 前回使ったNECのMate J(MA9)にNovember 2019 Updateをクリーンインストールして実験です。ちなみにクリーンインストールにこだわるのは「インボックスドライバからFDDドライバが削除されていないかどうか」を確認するためです。

 ということでまずはWindows10のインストール。前回と同様の64bit版で、前回同様インボックスドライバで完結しています。ただしキーボードが英語配列になってしまったので、デバイスマネージャからキーボードのドライバを変更しています。なお、同じ画像に見えますが一応キャプチャしなおしてますよ(笑)。

f:id:goriponsoft:20191229120638p:plainf:id:goriponsoft:20191229121045p:plainf:id:goriponsoft:20191229124831p:plainf:id:goriponsoft:20191229131956p:plain

 まずは前回忘れてたディスクのフォーマット。レトロPC(MSX)とのファイル移動が主眼なので2DDディスクで試します。残念ながらドライブのコンテキストメニューからのフォーマットダイアログでは2DDが選べないので、コマンドプロンプトからFORMATコマンドでフォーマットしましたが、無事フォーマット完了。「/f:720」スイッチが2DDディスクの指定です。

f:id:goriponsoft:20191229124314p:plainf:id:goriponsoft:20191229124150p:plain

 ちなみにMate Jの他にThinkPad X220でも同様のチェックをしていて、Mate JはFDインターフェース接続、ThinkPad X220はUSB接続のAドライブで同様にフォーマットしていますが問題ありませんでした。

 続いてファイルアクセス。こちらも前回同様で特に問題ありませんでした。使っているディスクは「終末の過ごし方MSX版のデモディスクです(笑)。

f:id:goriponsoft:20191229145633p:plainf:id:goriponsoft:20191229145641p:plain

 Disk Explorerでのイメージ作成もご覧の通り問題なし。

f:id:goriponsoft:20191229150321p:plainf:id:goriponsoft:20191229150333p:plain

 先に書いたとおりThinkPad X220+USB FDDでも一通り同じチェックを行っていますので一応。これで2019年版は終了です。

 実は先日公開された「MSX Floppy Disk Manager(α版)」でのテストも載せようとしたんですが…さすがにα版だからか問題が発生したので、残念ながらボツになりました(汗)。

ThinkPad X220へのWindows10インストール(November 2019 Update版)

 最近ほとんど使っていないThinkPad X220にWindows 10 November 2019 Update(1909)を入れ直してみたので覚え書き更新です。
 いつのまにやらSSDの1GB単価が10円を割っていたのでサクッと500GBのSSDを購入して換装しNovember 2019 Updateをクリーンインストール。まあ毎回のことですがインストール自体は問題なく終了。
 前回から引き続きの、有線LANのIntel 82579LM Gigabit Ethernet無線LANIntel Centrino Advanced-N 6205に加えて、タッチパッド/トラックポイントのドライバ、サウンドのドライバ、ディスプレイアダプターのドライバも、自動的にインストールされるインボックス(もしくはWindowsUpdateの)ドライバでOKになりました。モニタのドライバについては、以前と同様に[モニタ]→[汎用PnPモニタ]の[ドライバの更新]から[ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索]を選んで「LCD 1366x768」のドライバをインストールする必要があります。
 あとは以下のLenovoからダウンロードできるドライバやアプリをインストールして完成です。

 省電力マネージャについては、Windows ADKのアプリケーション互換性ツールが「Read Only」表示で編集できなくなってしまうため、ついにインストールできなくなりました。ストアアプリ「Lenovo Vantage」で同等の機能が使えるので、そちらを使うしかないようです。

ゲームボーイアドバンスSPを自作してみる 組み立て編

液晶に遅れること1週間、とうとうシェル(外装)が届きました。というわけで?早速組み立てたいと思います。写真多めなので注意。
しかし同日に注文してこの差は何なんだか……。

続きを読む

ゲームボーイアドバンスSPを自作してみる 動作確認仮組み編

先日「テトリス用にゲームボーイが欲しい」と言っていた訳なんですが。前々からゲームボーイ系のハード買うなら、折りたたみ筐体のゲームボーイアドバンスSPにしようと狙っていたんですよ。また、ゲームボーイアドバンスと同SPはゲームボーイゲームボーイカラーも含めて3機種のソフトが動くので、すでに持っているニンテンドーDSiまでの隙間を埋めるには丁度いいのです。

続きを読む

ジャンクのMSX1を手に入れて修復した話

ヤフオクでジャンクMSXを捜索していると、目立つのはやっぱりMSX1。ヤフオクの出品を松下電器産業(現パナソニック)とカシオで二分しています。その中でも興味を引かれたのがカシオのPV-16。調べてみたところ徹底的なコストダウンの影響かシンプルな構造で、素のZ80(μPD780)とAY-3-8910が載っているうえに、CPU+メインRAM+メインROMが1枚のサブ基板として分離されてるとか、内部でスロットが全く拡張されていない*1とか、拡張ユニット「KB-7」用の専用スロットがあったりとか、なかなかに興味深い。MX-10系と比較して筐体が少し大きく内部の空間的に余裕がありそうだというのもポイント。
そう思ってヤフオクで捜索しなおすと、2K円で動作確認済みキーボード不良&電源状態悪な付属品無しPV-16が。それだけなら食指が動くことも無かったんですが、ちょうどヤフオクのキャンペーンで「50%オフ(上限1000円)」のチケットが使えたので、チケット適用で1000円ならいいかなと手を出した次第。

*1:スロット#0のページ0~1がメインROMでページ3がRAM、スロット#1がカートリッジスロット1。スロット#2~#3は使われておらず拡張ユニットKB-7を接続するとそのままカートリッジスロット2と3として外に出てきます。

続きを読む

ファミコン用「ジョイカードMk2」をMSX用のジョイパッドに改造してみる

MSX弄り始めてぼちぼち周辺機器もそろえようかなと思い立ち、まずはゲームをやるのにキーボードってのはちょっと厳しい*1ので、ジョイパッドでも手に入れようと考えました。とはいえ、悲しいかな流通量がそれほどでもなかったので、中古で流れているものは少ないうえに高額。まあ例によって自作でなんとかしてみようというエントリ。

*1:キーボードでのプレイに命を懸けるキーボードerさんは置いておくとして……(苦笑)。

続きを読む